カリキュラム委員

デコ巻き寿司を日本の文化の一つとして世界に広げたい。子どもたちが「うちのお母さんが作ったデコ巻き寿司!」と自慢してくれたら素敵だと思いませんか。

切り口が「花」や「動物」などの楽しい絵柄になった巻き寿司をご存知ですか?
昔から継承されてきた絵柄に斬新なデザインと独特の技法を盛り込んで、どなたにも気軽に楽しんでいただけるような、ちょっと素敵にデコレーションした巻き寿司を「デコ巻き寿司」として紹介します。

私は子どものころからお寿司が大好きで、お寿司屋さんになりたいと思っていたこともありました。
千葉県の房総各地の郷土料理に、美しくてかわいい太巻き寿司があることを知り、「巻いてみたい!」と思い勉強しました。
「日本の伝統料理をデコアートにできたらどんなに楽しいだろう・・・」。
そんな夢を持ちつつ試行錯誤を繰り返すうちにやがて教える身となり、カルチャースクールなどでも人気の講座となりました。関西では珍しい太巻きですから、テレビに何度も出演させていただきました。

「デコ巻き寿司」を日本文化のひとつとして世界に広げたい。
そんな気持ちから、娘がイギリスへ留学する際に彼女にその巻き方を教えました。娘が当地で実演したところ、その美しさとかわいさは予想以上に驚かれ、大変喜ばれたそうです。

私は日本のお米が大好きです。
日本食は世界一おいしい料理だと思います。
ですから、日本人として生まれ、母として家族に料理を作れることは最高の幸せです。
子どもたちが「うちのお母さんが作ったデコ巻き寿司!」と自慢してくれたら素敵だと思いませんか。

弁当男子、男性の料理自慢は今や当たり前の時代です。
お弁当、お誕生会、クリスマスパーティー、ラッピングしてちょっとお土産にさまざまなシーンはデコ巻き寿司を囲めば盛り上がることまちがいなし!
この機会に、ぜひデコ巻き寿司を楽しんでください。

日本デコずし協会 カリキュラム委員長
飾 巻子(恒岡恵美)

カリキュラム委員長 飾 巻子(恒岡恵美)

恒岡恵美 飾巻子

2008年巻きずしインストラクターとしてデビュー
2010年最優秀マスターインストラクター賞受賞
2012年日本デコずし協会カリキュラム委員長に就任
2014年allaboutライフワークス優秀指導者賞4位受賞
2015年生涯学習認定機構 銅賞受賞

「スーパーニュースアンカー」「おはよう朝日です」「ズームイン!!SUPER」「魔法のレストラン」 「探偵ナイトスクープ」などTVやラジオに多数出演。
「女性自身」「「朝日新聞」「産経新聞」などにも掲載され、デコずしアートの普及を行う。 デコもち・デコクッキー・デコカップケーキ・デコアクセサリー作家としても活動。
著書「作って楽しい!食べて美味しい巻きずし」「かわいいデコずし」「ディズニーツムツム巻きずし」 「デコ巻きずし」(全てブティック社刊)

ホームページ: Mano Classe Emi(マノクラッセ エミ)

うずまきこ(宇賀万里子)

うずまきこ(宇賀万里子)

2008年に巻き寿司インストラクターとしてデビュー。
よみうり文化センター、JEUGIAカルチャーなどのカルチャーセンターでの講師自宅教室・出張講習・認定講座を開催し、地域のイベントデモンストレーションにも出演。

2009年 にはNHKニューステラス関西、関西テレビ「よ〜いどん!関西ワーカー」、毎日放送「良い子部」、朝日放送「おはよう朝日です。」などに出演。
また2010年 に寿司インストラクター優秀賞を受賞。
現在、「デコ巻き寿司マイスター」(日本デコ寿司協会)。

ホームページ: 歩んのり

野梨 真樹子(田中ゆかり)

野梨 真樹子(田中ゆかり)

2003年に楽習フォーラムの「純銀クロッシェ」に出会ったことから、ビーズの世界に夢中になり、他のビーズの技法も勉強していく。
各地のカルチャー教室や手芸店で教室を開催。

カルチャー教室(愛媛・香川・広島)などで”野梨真樹子”(のりまきこ)の名前で「飾り巻き寿司講座」を開催。
「デコずしマイスター」(日本デコすし協会)。

ホームページ: 田中ゆかりのブログ

花 巻子(本木美登里)

花 巻子(本木美登里)

2009年巻き寿司インストラクターとしてデビュー。
JEUGIAカルチャー、産経学園、ヨークカルチャーセンター、近鉄文化サロン等での講師。また、自宅・出張講習、認定講座を開催しつつ、イベントデモンストレーションにも出演。
2011年に奈良のタウン情報月刊誌「ぱーぷる 2月号」・街ネタNEWSの「節分」をテーマとしたコーナーに掲載。

2012年マスターインストラクター普及・貢献優秀賞受賞。
現在「デコ巻き寿司マイスター」(日本デコすし協会)。

ホームページ: デコ巻き寿司巻いてみよう!